リスニング力を大きく伸ばす5つのトレーニング方法

こんにちは!

オンライン英語学習コーチの福田です。

今回は

リスニングを大きく伸ばす5つのトレーニング方法

についてお伝えしていきます。

 

「相手の言っている事が全然聞き取れない!」

「リスニングが出来ないから会話が続かない!」

と悩まれている方はとても多いと思います。

 

僕がこれまで関わってきた生徒さんの悩みとして最も大きいのが「聞き取れない=リスニングが出来ない」という事です。

ではどうすればリスニング力が伸びるのでしょうか?

 

1.英語の音を理解する

 

まず最も重要なポイントとして「英語の音を理解する」という事です。

更に言うと「英語の音を正確に発音出来る」事です。

 

リスニング力が弱い人、相手の言っている事が分からない人の特徴として「そもそも英語の音自体を理解出来ていない」事が多いです。

英語の本来の音は多くの日本人が学校で教わってきた音とは大きくかけ離れています。

例えば日本語の「あ」に相当する音は英語では「æ」「ʌ」「ə」「ɒ」の4種類があります。

そして多くの日本人は英語で発音する時に日本語の「あ」の音で発音してしまいます。

その結果、自分の英語が伝わらないだけでは無く、相手の言っている英語の音がしっかりと正確に聞き取れないのです。

ですので、まずは英語の音をしっかりとキャッチ出来るようにする必要があります。

 

そこで効果的な練習方法としてお勧めなのが「フォニックス発音トレーニング」です!

「フォニックス発音トレーニング」

このフォニックス発音トレーニングでは英語の正しい発音を一から効果的に習得出来ます。

「英語はまず音から入る事が大切」と言われています。

ですので、まずはフォニックストレーニングを使って英語の正しい音を知り、自分でも英語の正しい発音が出来るようにしていきましょう!

 

2.英語の処理スピードを上げる

 

ある程度英語を学習した中上級者でも英語をしっかりと聞き取れない事が多々あります。

そして多くの中上級者が口を揃えて言うのが「英語の音は一つ一つ聞き取れているけど、相手の話を聞いたそばからすぐに内容を忘れてしまう・・・」という事です。

この場合英語の音はしっかりと聞き取れているにも関わらず、話の内容がスッと頭に入ってこずに一瞬で忘れてしまう事が原因でリスニングが上手く出来ていない事になります。

 

ではどうすれば英語の処理スピードを上げる事が出来るかというと、まずは「英語の文章パターンを頭に焼き付ける」事が重要です。

英語の文章パターンが身に付いていないと英語を前から英語の語順で読む事が出来ずに返り読みを繰り返す事になります。

リーディングの時はまだ返り読みが出来るから良いですが、リスニングの時は返り読みをする間もありません。

もしもリーディングの時にまだ返り読みをする事がある場合はまずここを改善していかないといけません。

 

効果的なトレーニング方法として最初に挙げられるのが「瞬間英作文トレーニング」です。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」

瞬間英作文トレーニングを繰り返す事で“It is very important for me to study English everyday”のような基本的な英語文章パターンから、“I realized that I should have learned English more seriously when I was young, since it is way much easier for us to get used to the second language. “のようなやや複雑な英語文章パターンを身に付けていくことが出来ます。

この瞬間英作文トレーニングはスピーキング力(クイックレスポンス力)の底上げだけでは無く、ライティング、リーディング、リスニングと全ての技能に関わる基礎の部分を固めるのにとても効果的です。

これが僕が多くの生徒さんにまずは「瞬間英作文トレーニング」を使って基礎固めを行うようにアドバイスしている大きな理由です。

 

次に「英語の長文リーディング→CD音源リスニング→音読の繰り返しトレーニング」がお勧めです。

効果的にこのトレーニングが出来る参考書として推奨しているのが「速読速聴・英単語シリーズ」です。

 

初級者向け「速読速聴・英単語Basic2400」「速読速聴・英単語Daily1500」

英語学習を始めたばかりの方にお勧めの教材です!中学1年生レベルの難易度から徐々に複雑な英文のリーディング、リスニングを行う事が出来ます。

初級者向け(TOEIC400点前後)の方にお勧めです。日常英会話で頻出の表現や英単語が数多く登場します。英文もそこまで長くは無く無理なくリーディング力・リスニング力を鍛えていくことが出来ます。

中級者向け「速読速聴・英単語 TOEICTEST STANDARD1800」

中級レベルでビジネス英語を中心に習得したい方にお勧めです。適度な長さの英文で効果的にリーディング力・リスニング力を鍛えていく事が出来ます。またTOEICTESTと記載されていますがTOEIC対策だけではなくビジネス英語を効果的に習得出来ます。

上級者向け「速読速聴・英単語Advanced1100」

この教材に出てくる英文は主にネイティブ向けのニュースや記事から抜粋したものになるので手加減無しのネイティブコンテンツになります。ですので中上級者(TOEIC750点前後)で無いと読むのはかなり難しいと思います。その分内容も盛りだくさんで普通の参考書ではもう不十分という方に持って来いです。

 

3.70%以上の内容を理解出来る英語音源でリスニングトレーニングを行う

リスニング力を鍛えようとすると「ただ単に英語を聞き流すだけになってしまう」事が非常に多いです。

しかも内容をしっかりと理解しているわけでは無く、ただただ英語を聞いているうちに内容が理解出来ずにただの雑音=BGMになってしまいがちです。

そのような状態ではいくらリスニングトレーニングをしたところでリスニング力はほとんど伸びていきません。

 

リスニングトレーニングとは「意味を理解しながら音と文字(センテンス)を結び付けていくトレーニング」です。

ですので、リスニング音源を聴く時には音源を聴いた時に70%以上は理解出来ている必要があります。

70%を切ると理解度が急激に悪くなり脳が英語の音をただの雑音としてシャットアウトし始めます。

 

そうなるとどうなるかというと、脳が英語の音を拒否しだして眠くなってきますw

英語のリスニングをしていたら眠くなってしまうという方も多いのでないでしょうか?

この場合リスニング音源自体が今のレベルに合っていない、もしくはプレリスニングをしていないことが原因です。

プレ・リスニングとは?

いきなり参考書CD音源やYoutubeの動画や映画を字幕無しで見て70%以上聞き取れる事はほとんどありません。

それが最初から出来るならリスニング力で悩んでいないはずです。

先ほどお話ししたようにリスニング音源を聴くときは70%以上理解出来ている状態で聴く必要があります。

 

ではどうすれば良いかと言うと「事前にスクリプトを読んで内容を理解しておく」必要があります。

あらかじめスクリプトを読んでおくことで内容をあらかた理解しておくことで、リスニング音源を聴いた時の理解度が上がります。

そして70%以上内容を理解出来るようにした上で英語音源を聴く事で英語の音と英語のセンテンスが結びついていきます。

この状態になって初めてちゃんとリスニングトレーニングが出来ている状態になります。

 

僕が何故「速読速聴・英単語シリーズ」を強く推奨しているかと言うと、「リーディング(内容理解)→リスニング(センテンスと音を結びつける)トレーニングが自然に効果的に出来るから」です。

このプレ・リスニングを意識してリスニングトレーニングを行うようにして下さい。

そうすれば今までの聞き流しのリスニングとは遥かに違う効果的なリスニング力アップの為のトレーニングを行う事が出来ます!

 

4.VoiceTubeを利用して音読・声真似を行う

英語学習に効果的な補助ツールとして「VoiceTube」というサイトがあります。

このサイトの何が良いかと言うと「英語の音読、シャドーイング、声真似トレーニングを行うのに最適」という点です。

インターネットに無数の英語動画がありますが、VoiceTubeはそれらの動画を「英語の音読、シャドーイング、声真似トレーニング」が行いやすいように加工したサイトです。

VoiceTube内の動画は「一行ごとにリピート再生機能」や「字幕の英単語をクリックするだけで意味が出てくる機能」など痒いところに手が届く仕様になっています。

 

VoiceTubeの良い所はそれだけではありません。

なんと「英語の音を聴きながら自分の声を録音して聞き比べる機能」があります。

これが本当に素晴らしくて自分の録音した音声と本物の音声を聞き比べることが出来るので自分の発音やイントネーションのどこが違うのかが一目瞭然です。

僕も何回も使いましたが「まるでカラオケの練習をしているようでしたw」

スティーブ・ジョブスのスピーチの声真似まで出来ます。彼の英語は非常にはっきりとしたクリアな発音なので自分の録音した音声と本物を聞き比べながら、本物に近づいていくのが効果的な練習になります!

しかしよくよく考えると、歌が上手くなるコツはカラオケのようにひたすら本物を真似ながら歌う事なので、VoiceTubeでの「英語の声真似=カラオケ」も理に適っていると言えます。

また発音やイントネーションが良くなる事で当然リスニング力も伸びていきます。

 

5.ネットフリックス(Netflix)などを使って英語の映画を視聴し普段から英語音声に慣れ親しむようにする

最後にお勧めのリスニング強化法としてお勧めなのが「映画視聴」です。

何故お勧めかというとただ単純に「楽しくて長続きするから」です。

「英語を参考書を使ってひたすら勉強するスタイル」は短期間ならいいですが、長期間継続する事は難しいです。

何故ならしんどいことは続かないからです。

 

ネットフリックスならディズニー映画からアクション映画までバラエティー豊かな映画を英語で楽しむ事が出来ます。

一度日本語版で観た映画を英語版で観るのも良いですね!

僕は昔「名探偵コナン」の英語版をよく観ていたことがあります。

内容を覚えているので「あ~、日本語のあの表現は英語ではこのようになるのか~!」など大きな発見もたくさんあり、とても勉強になりました。

 

ちなみに映画を観る際は「字幕有で一回視聴、次に字幕無しで視聴」をする事を強くお勧めします。

1回目の字幕有りの視聴で大体の内容を理解出来ます。

ですので2回目字幕無しだったとしても概ね内容を理解した上で聴けるのでリスニングトレーニング効率が上がります。

同じ映画を2回も観るのは退屈かもしれませんが、リスニング力向上には非常に効果的です!

 

リスニングトレーニングのまとめ

 

いかがでしたか?

「リスニングが苦手・・・」

「相手の言っている事が分からなくて会話が続かない・・・」

と、リスニング力をなんとかして鍛えたい方は非常に多いと思います。

 

是非上記の5つの「リスニングトレーニング方法」を試して下さい!

あとリスニング力上達はとても時間が掛かります。

ですので、まずは気長にじっくりと取り組んでいきましょう!

 

オンライン英語学習コーチ

福田圭亮