TOEIC200点レベルからTOEIC400点レベルを目指すための学習法

~マインドセット編~

 

TOEIC200点レベルと言うと英語がまったく話せない、中学1年の時に習った超基礎的な英語知識すら欠落している状態です。

まさにゼロレベルで、実質ここが英語レベル最底辺です。

私の約4年前、33歳の時にここから英語学習をスタートしました。

 

TOEIC400点レベルというと、一通り中学レベルの基礎的な英語知識は習得していて、簡単な英会話がかろうじて出来る、海外旅行を英語を使ってなんとか楽しむことが出来るレベルです。

 

 

このTOEIC200点レベルからTOEIC400点レベルに到達するには平均で概ね500時間掛かります。

1日3時間毎日欠かさず英語学習を行ったとして約6か月間掛かります。

(人によって±1か月くらいの誤差はあります)

 

まず最初にこれくらいの期間が必要だということをハッキリと理解して下さい。

1か月くらい英語を頑張ればペラペラになれるとか思っていませんか?

ハッキリ言って英語はそんなに甘くはありませんよ!

まず最初の課題はこの500時間をいかに挫折を防ぎながら乗り切るかというところが重要なポイントです。

 

ゼロレベルから英語学習を始めた場合、通常最初の500時間、特に最初の2,300時間はまったく進歩を感じる事が出来ません。

つまり、6か月間くらい必死に英語学習を頑張ってもほとんど進歩を感じられないという状況が続きます。

 

あなたはこの半年間を耐える事が出来ますか?

膨大な時間と労力を掛けて、仕事終わりに眠い目をこすりながら必死の英語学習を行っても最初の半年間はほとんど達成感がありません。

 

厳密にいうと、英語力のベースは着実に出来ているのですがそれをアウトプット出来る段階に達していないので、自分自身では成長を体感出来ない状態です。

植物で例えると、まだ芽が出ていない状態です。

ですが、まだ芽が出ていなくても目に見えない土の中では着実に成長が進んでいるというような感じです。

 

多くの人はこの最初の段階で挫折します。

実に英語学習者の90%以上がこの最初の脱初級者の段階で挫折して英語学習を辞めてしまっています。

 

逆にここを乗り切れれば英語力に自信が付き、あとは自発的に英語学習を継続していけるようになります。

ですので、最初の500時間をいかに挫折を防ぎつつ、英語学習を継続するかがカギになる訳です。

 

~学習法編~

 

  1. 中学英語のおさらい

TOEIC200点レベルの場合、中学時代に学んだ超基礎的な英語知識すら記憶の彼方に消え去っている状態です。

ですので、まずは中学英語のおさらい(英語の基本的な文法知識)から再学習していく必要があります。

 

オススメの学習教材としては「中学英語をひとつひとつていねいに」です。

この学習教材は非常に分かりやすく「名詞」「形容詞」「動詞」などのような超初歩的なところから始まり一つ一つステップを追いながら中学英語を復習できる非常に優れた教材です。

 

この「中学英語のおさらい」が非常に重要です。

中学英語には英語習得の為に必要な超基礎的な部分がたっぷり詰まっています。

ですので、中学英語をしっかりと習得する事がとても大切です。

中学英語の基礎的な部分をしっかりと理解していないと、今後の英語学習の効率がとても悪くなります。

 

  1. 瞬間英作文(英語構文の理解)

次に行うのが英語構文の理解です。

英語の文法や単語を理解しただけでは英語を話せるようにはなりません。

英語を話せるようになるには、文法や単語などの「知っている知識」をすぐにアウトプット出来る「使える知識」に変えていく必要があります。

 

それに効果的なのが瞬間英作文(英語構文の理解)です。

瞬間英作文を行う中で文章の構造を体感的に理解出来ます。

This is a pen.のような一番簡単な構文から、It is very important for us to study English.のような少し複雑になった構文、I think we should learn English to work abroad since Japanese economy has been decreasing.のようなかなり複雑な構文までステップを踏みながら着実に理解していくことが出来ます。

 

もちろん、最後の一番複雑な構文はすぐには理解したり使えるようになったりはしませんが、この瞬間英作文をしっかりと行っていけば自然と複雑な構文を使いこなせるようになります。

 

複雑な構文を使えるようになると複雑な事を英語で言えるようになってきます。

ただ、初級者の時期は簡単な構文をしっかりとマスターし、しっかりと使いこなせるようになることに専念しましょう。

まずはThis is a pen. I like baseball. I want to go to the sea.のようなシンプルな構文を確実に使えるようにするのが最初のステップです!

瞬間英作文がその為の最高の教材です。

 

  1. 発音矯正(フォニックス)

多くの人は英語を学習し始めた時に英単語本や文法書などばかりにフォーカスしがちです。そして多くの人は英語の発音についてはほとんど無関心です。

ですが、英語の発音は超重要です。

 

英語発音編でも詳しく解説しましたが、英語の発音はとても重要です。

何故なら日本人の英語の発音と本来の英語の発音とはあまりにも違い過ぎるからです。

ですので、日本で習った英語の発音のまま英語を話してもなかなか伝わらなかったり、勘違いされたりすることが頻繁に起きます。

 

また、正しい発音が分かっていないので相手の言っている英語を正しく聞き取る事が出来ません。

 

多くの日本人にとって英語の発音矯正はスムーズに英会話を行うためには必須です。

 

日本人が特に苦手なのが「r」と「l」の発音です。

日本では「r」という発音自体が存在しないので、「r」と「l」を使い分ける事や聞き分ける事はとても難しいです。

例えばplayとprayという英単語があります。

Playは「遊ぶ」という意味ですが、prayは「祈る」という意味です。

「r」と「l」の発音を使い分ける事が出来ないとplayとprayがごちゃごちゃになってしまいます。

「私は今日サッカーをします」と言いたいのに、I will pray soccerと言ってしまうと、「私は今日はサッカーに祈ります」という意味になってしまいます。

もちろんほとんどの人は普段サッカーに祈る事はないので、「あぁ、この人はサッカーをするんだな」と分かってはくれますが。

 

また、I want to eat rice. と I want to eat lice. が日本人にありがちな発音です。

「r」と「l」を区別出来ないので、ついI want to eat rice.=白ご飯を食べたいです と言いたいのに、I want to eat lice.=しらみを食べたいですという風に言ってしまいます。

もちろんしらみを食べたい人なんていないので、みんな理解はしてくれますが、あなたがI want to eat liceと言う度にみんな笑いを堪える羽目になります。

 

あと多いのが「s」と「th」です。

日本語には「th」サウンドが無いので全ての「th」サウンドを「s」に置き換えて発音しがちです。

するとどういう事が起こるかというと、「think=思う、考える」が「sink=沈む、沈める」になります。

I think はかなりの頻度で使うフレーズですが、あなたがI sinkという度に、「私は沈みます」という言う事になるので、これまた周りから見たら超おかしなことになります。

 

このように、日本語には存在しない音が英語にはたくさんあります。

また、日本人が想像している音と実際の英語の音は全然違います。

ですので、英語学習の出来るだけ早い時期に発音矯正を行う事を強くオススメします。

 

  1. 統合型英語学習法

そしてこの4番目の統合型英語学習法が一番大切なポイントです。

英語学習を開始したばかりの人に多いのが英単語をたくさん覚えれば英語を話せるようになると思って、英単語本を買って英単語ばかり覚えようとする事です。

これが英語学習初期に最もやってはいけないことです。

 

もちろん英単語をたくさん覚えている方が良いですし、英語を話すという点において英単語は重要な要素です。

ですが、英単語をいくら知っていてもそれだけではハッキリ言って話す事は出来ません。

 

というのも、日本人は既にかなりの英単語を知っています。

というのも、日本はアメリカの影響で英単語がそのままカタカナ単語になっているので普段の生活の中で既に多くの英単語を使っています。

「コンピューター」「デスク」「ウォーター」「ビルディング」など日本語には数えきれないほどのカタカナ単語がありますが、それらは基本的に英語をそのままカタカナに当てはめたものなので、ほぼ英語です。

 

しかし、日本人は多くの英単語を既に知っているにも関わらず英語をまったく話せないのは英単語以外の部分に問題があるからです。

それを解決しない限りは英語を話せるようにはなりません。

 

問題を解決するカギは「ある程度の長さのある文脈の中で文章全体の中で英単語を覚え理解していく」という方法です。