TOEIC600点レベルからTOEIC800点レベルを目指すための学習法

~マインドセット編~

 

TOEIC600点レベルになると世間的には英語を使える・英語がペラペラと見られる事が多いです。

しかし、TOEIC600点レベルでは簡単な英会話はかろうじて出来ても少し複雑な会話やビジネスでの現場での英語での交渉などはかなり難しいです。

 

一通りの文法知識や英単語も習得していますが、まだまだ英語を使う事には慣れていない状態です。

ですが、TOEIC600点レベルまで到達したのであればこれまでかなりの努力と英語学習を行ってきているはずです。

 

ですので、これまでの英語学習を無駄にすることのないように更に英語学習を継続、英語力を向上させていきたいですね。

 

TOEIC600点レベルからTOEIC800点レベルまで到達するには概ね950時間は必要です。

1日3時間毎日欠かさず英語学習を行ったとして約11か月間掛かります。

(人によって±2か月くらいの誤差はあります)

 

TOEIC600点からは英語がだいぶ使えるようになり楽しくなってくる一方で、今までと比べて英語力の伸びが遅くなってきます。

TOEICを600点から800点に上げるまでに約950時間と、これまでに比べて格段に時間が掛かります。

 

頑張っている割にはイマイチ成長を感じる事が出来ない停滞期に陥りやすいです。

ですので、あまり焦りすぎずに着実に長期的に英語学習を継続していけるようにしましょう。

 

~学習方法~

 

  1. 統合型英語学習法

速読速聴英単語シリーズを使ってリーディング・リスニング・ライティング・英単語力を強化していくのがオススメです。

速読速聴英単語シリーズadvance1100もしくはGlobal900がTOEIC600点レベルから800点レベルを目指すのにふさわしいです。

 

この2冊は少し難易度が高めですがTOEIC800点レベルを目指すための語彙力を伸ばすのに大いに役立ちます。

 

特にadvance1100シリーズはネイティブ向けのニュース記事や書籍から抜粋した英文がそのまま掲載されているので、教科書英語にありがちな不自然な言い回しが無いので、ネイティブの自然な英語での表現に慣れるのに最適です。

 

ネイティブの表現を覚えたり慣れるためにも、出来るだけ早いうちに教科書英語から離れるべきですね。

 

  1. 映画・TVシリーズ鑑賞

 

メインの英語学習というよりは英語学習に疲れた時や気分転換に英語の映画やTVシリーズまたはYoutubeビデオを見ると良いです。

 

映画やTVシリーズの良いところは楽しみながら自然な英語表現を身に付ける事が出来る点です。

教科書英語には無いネイティブ圏での自然な表現を習得するには最適です。

但し映画によってはアクション映画のように会話が少なくアクションシーンばかりだと英語学習効率はあまり良くありません。

出来れば会話量の多い映画を選ぶ方が良いですね。

 

3.英作文・英語日記エッセイ

 

TOEIC600点レベルだとこれまでの英語学習の中である程度の語彙力が身に付いていると思います。

しかし、まだまだ表現が乏しかったり、何か言いたい事を英語で言うのにすごく時間が掛かったりすることが多いです。

 

特にスピーキング・ライティングといったアウトプットが日本人は特に弱いので強化していく必要があります。

スピーキング力向上に特に有効なのが英文ライティングです。

 

英語を話すには話す内容が書けない事には話せません。

何故なら書けない事は話せないからです。

逆に書けることは話す事が出来ます。

 

即興で7,8センテンスすらすらと英文を書ける人は即興で3センテンスくらいスラスラと話せます。

逆に即興で1,2センテンス英文を書くのがやっとの人は即興ではほとんど話せません。

ですので、スピーキング力向上の為にもライティングがとても重要なのです。

 

ライティングでオススメなのは自分の日記をFacebookやブログに投稿する事です。

英語日記を書く中で自分の事を英語で説明する力が身に付きます。

そしてそれは自己紹介の時だけでは無く、ビジネスの現場で自分の事を伝える時にも非常に役に立ちます。

 

私自身英語日記をFacebookに3年間ほど投稿し続けていますが、英語力、特にライティング力とスピーキング力が大幅に向上しました。

ちょうど英語日記を投稿し始めたのが英語学習開始から約1年経過した頃です。

TOEICでいうと、600~700点くらいの頃です。

 

このくらいのレベルになるとこれまでの英語学習である程度の英語文法、英単語、表現、構文(パターン)を理解して頭の中に情報のストックしてある状態です。

ですので、この頭の中にあるストックをすぐにアウトプット出来るようにしていく必要があります。

 

その時に最も効果的なのが英作文・英語エッセイライティングです。

日本人はTOEIC最重視でTOEICテストに関係の無いライティングやスピーキングの練習をまったくしない事が多いですが、それではTOEICの高得点を保持しているにも関わらずまったく英語を話せない・書けないというような状況になってしまいます。

 

せっかく英語学習を頑張っているのに、日常会話やビジネスの現場に関わらず書けない・話せない状態では意味がありません。

逆に多く日本人はTOEICで高得点を持っていても英語を話せない・書けない人が多いので、英語を話せる・書ける人はとても重宝されます。

 

ですので、英作文・英語エッセイライティングは超オススメです!

 

 

4.CNNニュースやNPRニュースなどのネイティブ向けニュースをリスニング・リーディング

 

TOEIC600点レベルに到達したら出来れば教科書英語ではなく、生の英語にドンドン

と触れていくべきです。

生の英語ではこれまでの教科書英語では見た事も無い表現やより難易度の高い英単語がたくさんあります。

最初はCNNニュースなどを読むと見た事も無い英単語や表現のあまりの多さに苦痛を感じるかもしれませんが、上級レベルの英語力を身に付ける上でCNNやNPRニュースに慣れておくことは必須です。

 

ネイティブ向け英語ニュースで最もオススメなのは「CNN10」です。

これはCNNがネイティブの中学生・高校生向けに10分間で世界のニュースを分かりやすい表現で配信しているメディアです。

元は「CNN Student News」というメディアでしたが、最近名前をCNN10に変更しました。

 

CNN10の優れている点は下記の通りです。

  1. 10分間というちょうど良い時間なので集中力を維持出来る
  2. 字幕・スクリプト付きなので聞き取れなかった箇所を後で確認できる
  3. ネイティブの中高生向けのニュースメディアなので比較的理解しやすい
  4. 日本語以外の世界のニュースを見る事で見識が大きく広がる
  5. アメリカ英語だけでなく、世界中の英語話者が登場するので様々なアクセントに慣れる事が出来る

 

私はCNN10ほど英語中級者が上級者へステップアップする教材としてふさわしいものは他にないと思っています。

 

CNN10を通して、リスニングだけではなく、シャドウイングを行えば更に効果的です。