英語学習のモチベーションを維持する方法

こんにちは。
オンライン英語コーチング代表の福田です。

今回は

英語学習のモチベーションを維持する方法

についてお伝えします。

英語学習を思い切って始めたものの数ヶ月すると段々とやる気が無くなってきます。
また頑張っている割に英語力が伸びている気がしなくて更にやる気が無くなっていってしまいがちです。

英語学習は超長距離マラソン

一番最初に理解すべきなのは「英語習得にはとても時間が掛かる」という事です。

どれくらい時間が掛かるかというと初級者レベル(TOEIC200点)からビジネスレベル(TOEIC750点)に到達するまで約1500時間が必要です。

1日3時間毎日欠かさず英語学習を行ったとしても1年半くらい掛かります。
ですので「2,3ヶ月一気に頑張って英語を身につける」というような短距離走の考え方では英語習得は出来ません。

多くの人は英語習得までの時間を少なく考えすぎです。
なので、まずは1500時間という「超長距離マラソンを行っている」という認識が必要です。

英語学習のモチベーションには波がある

英語学習のモチベーションには波があります。
僕の場合もそうでしたが「なんか今日は英語を勉強する気が起きないなぁ・・・」という事がよくありました。
そういうときは英語を勉強するのがすごく億劫になったりしました。

また、英語をめちゃくちゃ頑張って勉強しているにも関わらず、全然英語力が伸びないときは一気にやる気が無くなってしまったりしました。

余談ですが、僕は2014年に1ヶ月間フィリピン語学留学に行きました。
そこで1ヶ月間みっちり朝から晩までマンツーマンで英会話・英語学習を行いましたが自分が想像していたように英語力が伸びませんでした。
(当時は1ヶ月間留学すれば英語がペラペラ話せるようになると壮大な勘違いをしていました・・・今考えるとめちゃくちゃ甘い考えでした^^:)

この時はめちゃくちゃ凹みました。
英語の教科書をゴミ箱に投げ捨ててフィリピンから日本に帰国しました。

帰国後も2ヶ月間は英語を勉強する気がまったく起きず英語学習を中断してしまいました。
(その後なんとか思い直しもう一度英語学習を再開しましたが・・・)

このように英語学習を行う中で様々な事がきっかけでモチベーションが上下します。

自分が楽しく出来る英語学習を行う

ここで大切なのは「英語学習を頑張らない」という事です。
頑張って行うような事は長期間継続出来ません。

頑張って行うような事はやる気がある時は継続出来ます。
しかしいつもやる気があるとは限りません。
さっきの例のように頑張ったけど全然成果が上がらなくてやる気を一気に失うこともあります。
そういう時に頑張って行うような事はとてもじゃないけど続ける気にはなれません。

ではどうすればよいかと言うと「楽しく出来ることを行う」という事です。

英語学習をどうすれば楽しく行えるのか?

1.英語のアニメやマンガを使って英語学習をする

僕はよく英語のアニメをYoutubeで視聴していました。
「名探偵コナン」や「幽遊白書」の英語版がYoutubeにアップされていたのでしょっちゅう観ていました。

自分が好きなアニメなので特に英語の勉強をしているという感じもなく自然と英語学習が出来ました。
最初の頃は分からない単語ばかりが出てくるのでしょっちゅう一時停止して単語をの意味を調べていたので手間はありましたが、楽しみながら英語学習を出来たと思います。

2.自分の興味のある英語の動画をYoutubeなどで視聴する

Youtubeには英語でありとあらゆる動画が上がっています。
ですので必ず何かしら自分の興味のあるものがあるはずです。

僕の場合はゲームが好きなので「英語でのゲーム実況動画」をよく観ていました。
ネイティブがかなり早いスピードで話すので初心者向きでは無かったですがネイティブの発音やリスニングに慣れるという意味ではすごく良かったと思います。

何より自分が好きなことなので自然と英語の勉強が出来ました。

3.ネットフリックスなどで英語の映画を視聴する

映画が好きな人はネットフリックスがオススメです。
ありとあらゆる英語の映画があるので飽きることも無いです。

字幕もついているので知らない単語が出てきたらそこでストップして分からない単語をチェックしていきましょう。

4.英語のゲームをする

僕の場合は英語のゲームも行ってました。
一見ゲームというとただの遊びのように思えますが英語版のゲームとなると当然全てが英語です。

ゲームのクエストも英語なので英語がわからないとゲームを進める事が出来ません。
なのでゲームを進めるためにも知らない単語は毎回グーグルで調べたりしながら行ってました。

これも僕にすごく合っていたみたいです。
英語の勉強のやる気が起きないときでもゲームをする気はあるので、結果的に英語の勉強が出来ました。

5.英語で会話出来る外国人の友達を作る

これが出来ればベストですね!
外国人の友達が出来ればコミュニュケーションを取るために英語を使わざるを得ません。
普段のチャットや会話も英語なので自然と英語を使う機会が増えます。

僕も外国人の友だちを作ってよく英語でチャットをしていました。
チャットでは日本語で普段よく使う表現でも最初は英語ではなかなか出てこなかったです。

ですが数ヶ月チャットを続けていると、だんだんとよく使う英語表現なども覚えてきます。
あと外国人と英語でコミュニュケーションを取ることに抵抗感が無くなったのも大きいですね。

このように英語学習を継続していくには「自分が楽しく出来ること」にフォーカスすることが大事ですね!
これを参考に英語学習を楽しく継続していきましょう!

オンライン英語コーチング 代表
福田圭亮

こちらの記事もよく読まれています

どうすればリスニング力が伸びるのか?

2019.01.19

私の英語学習ストーリー 【英語力ゼロレベルからTOEIC950点相当までの道のり】

2019.01.08

スピーキングを伸ばすカギはライティング

2018.06.16
The following two tabs change content below.
Keisuke Fukuda
1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Keisuke Fukuda

1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。