英語初級者向け aとtheの使い分け方とat, on , inの使い分け方

こんにちは!

オンライン英語学習コーチの福田です。

今回は

英語初級者向け aとtheの使い分け方とat, on , inの使い分け方

について解説していきます。

 

英語学習を始めた頃によく分からなかったのがaとtheの使い分け方とat, on , inの使い分け方です。

そこで今回はこれらの使い分け方について簡単に解説していきたいと思います!

 

aとtheの使い分け方について

まずaとtheの使い分けですけど日本語には無い考え方なので混乱しやすいと思います。

そしてこれの使い分けはすごく難しくてTOEIC900点以上ある人でもしょっちゅう間違えます。

ですのでまず今の段階では大まかな違いを理解するだけでOKだと思います。

 

aとtheの違いですが簡単に言うと、

1.aは始めて話の中に登場してきた事柄、もしくは特に決まっていないもの、何かひとつのものを指すときに使います。

2.theは話の中に既に登場してきたものを指すとき(会話者が既にその事を知っている時)、もしくは何か特別なものを指すときに使います。

 

例えば「今日学校の周りを歩いていたらかわいい猫に出会った」→I saw a cute cat when I was walking around the school today. というようにaを使います。

この場合の猫は初めて登場してきたのでaになります。

その後、「その猫がかわいかったので触ってみた」→I touched the cat because it was cute. その猫は既に前の話で出てきたのでtheになります。

まずはこれが基本的な考え方なので理解しておくと良いです。(まずはこれだけ知っておけば大丈夫です)

別の例で言うと、I want to buy a banana. I want to buy the banana. どちらも「バナナを買いたい」という意味ですけど微妙にニュアンスが変わります。
aの方は「バナナを買いたいけどなんでも良いので1個のバナナを買いたい」というニュアンスになります。
一方theの方は「特定のバナナ(会話の中で出てきた)を買いたい」というニュアンスになります。

このようにaとtheを使い分けることで細かいニュアンスの違いを表現出来ます!

 

at, on , inの使い分け方について

at, on, itの使いわけですがこれも混乱しやすく英語上級者でもよく間違えます。
基礎的な事から言うとin, on, atは前置詞で何かの事柄の前に使われます。

1.atのイメージについて

まずatですがイメージとしては「ある一点をピンポイントで指します」
I will wake up at 6:00 A.M tomorrow morning. 明日の朝6時に起きます。
I am at my school. 今私の学校にいます。

・・・など、ある地点にあるときやいるときを指します。

2.onのイメージについて

onは「何かの上にある、平面上のものの上、何かにくっついている」という時に使います。

There is a banana on the table. あのテーブルの上にバナナがあります。
I am on the Nihonbashi street. 私は今日本橋通りにいます。

3.inのイメージについて

inは「何かの中、囲まれたものの中」というイメージです。
I am in a supermaket. 私は今スーパーマーケットにいます。(スーパーマーケットの中に)
There are notebooks in my bag. 私のバッグの中にノートブックがあります。

というような感じです。

あと日時を指すときにもat, on, in は使われます。
atは時間に対して使われます。 at 7:00 A.M
onは曜日と日に対して使われます。 on Sunday, on Jun 17
inは月にや年に対して使われます。 in August, in 2018
などです。

またat, on, in のイメージは at < on < in といった感じです。
atが一番小さく、inが大きなものに対して使われるイメージです。

まずは現時点ではこのくらいを理解しておくと良いと思います。
aやthe、または前置詞は難しく英語上級者でもしょっちゅう間違うので初心者の段階で上手く使えないのは当然なので安心して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です