統合型英語学習法で英語力4技能をまんべんなく伸ばそう

英単語を覚えるときに英単語本などを使って単語を一つ一つ覚えていったりしていませんか?

それでも英単語を覚えていく事は出来ますがかなり非効率です。

英単語だけを覚えても実際にその英単語をどのような場面で使うのか?どのようなセンテンスの中で使うのかがハッキリと分かっていないと結局はその英単語自体を上手く活用出来ずに「使えない英単語」ばかりになってしまいます。

 

そのような状況を防ぐには「統合型英語学習方法」がオススメです。

統合型英語学習とはある程度の分量の英文を基に、「英単語習得」「音読」「リーディング」「リスニング」「ライティング」を行う方法です。

速読速聴英単語シリーズが最も有名です。

 

この教材では毎回テーマが決まった一定の分量の英文記事を基に「英単語習得」「音読」「リーディング」「リスニング」「ライティング」を効率よく行っていくことが出来ます。

例えば「英単語習得」の場合、英文の中で実際に使われている単語ごとに英単語を習得していくことが出来るので、より記憶に残りやすく、また実際に使われている場面が分かるので新しく覚えた単語をよりスムーズに使っていけるようになります。

 

またこの記事を「リスニング」「リーディング」「音読」としていけば更に英単語が記憶に定着しやすくなります。

また英単語習得だけでは無く、「リスニング」「リーディング」「音読」と幅広く英語学習を行っていけるのが最大の利点です。

 

そして最後になかなか覚える事が出来ない英単語をいくつかピックアップし、その英単語を使った1,2センテンスの英文ライティングをする事を強くオススメします。

この英文ライティングを通して更に英単語を確実に記憶出来るようにするだけでなく、ライティング力も大きく向上し、ひいてはスピーキング力も向上します。

 

1冊の英語教材を基に幅広い英語学習が出来るのが「統合型英語学習法」です。

The following two tabs change content below.
Keisuke Fukuda
1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Keisuke Fukuda

1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。