英語学習に必要な時間について

ゼロレベル(TOEIC200点)からビジネスレベル(TOEIC700点)まで英語力を伸ばすには最低でも1500時間が必要です。

よく1日5分で英語がペラペラになるというような宣伝をインターネットや雑誌で見かけますがあれは嘘です。

たった1日5分の学習量では一生掛かっても英語を習得する事は出来ません。

 

英語習得には「毎日一定時間を一定期間費やす」必要があります。

最低でも毎日2時間くらいは英語学習を行わないと英語力は伸びていきません。

英会話スクールに1週間に1回1時間通ったくらいでは英語力はほとんど伸びません。

 

ですので、これから英語を習得しようと考えている方はそれなりの覚悟を持つ必要があります。

英語をあまりにも簡単に身に付くと考えていると、理想と現実とのギャップですぐに挫折してしまいます。

多くの日本人が英語習得をしようと思っていても失敗してしまう大きな原因は「途中ですぐに挫折して辞めてしまうから」です。

多くの日本人が3か月くらい英語を一生懸命勉強したら身に付くと思っています。

しかし、これが大きな間違いです。

英語と日本語では言語があまりにも違うため習得には膨大な時間が掛かります。

多くの人が想像するよりも何十倍もの時間を英語学習に費やす必要があります。

 

 

英語をマスターするには10年間でも英語習得にはまだまだ不十分と言われています。

ただ、ビジネスで英語を使う事が出来るレベル(TOEIC700点)に到達するまでは1~2年くらいあれば十分です。

The following two tabs change content below.
Keisuke Fukuda
1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Keisuke Fukuda

1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。