初心者はオンライン英会話を行うべきでは無い5つの理由

こんにちは。
オンライン英語学習コーチング代表の福田です。

今回は

初心者はオンライン英会話を行うべきでは無い5つの理由

についてお伝えします!

多くの英語学習を開始したばかりの方が一番最初に考えるのが「オンライン英会話」です。
とりあえず外国人と英語で会話をすればペラペラ話せるようになるというイメージがあるからです。
確かにオンライン英会話を行うと英語力が伸びる気がしますよね。

しかし、実はそこまで英語力は伸びません。
それどころか英語力向上の妨げになる可能性もあります。

何故オンライン英会話を行うべきではないのか?

1.話そうにも英単語が分からないから話せない

考えたら当たり前の事ですが英単語を知らない状態ではまったく話せません。
“Hello.”や”Nice to meet you.”くらいの超簡単な事は話せるかもしれませんが、それくらいで後は話そうにも英単語を知らなさ過ぎてただただ沈黙してしまう事になります。

この状態でオンライン英会話を繰り返しても自分の知っている英単語の量が少なすぎてほとんど英語力は伸びません。

2.英単語が分からないので相手の言っている事が分からない

これも前述と同じで相手の言っている事がほとんど分からないです。
というのも知っている英単語が少なすぎるからです。

知らない英単語を言われても当然理解する事が出来ません。

3.英文法を知らないのでめちゃくちゃなブロークンイングリッシュしか話せない

英語学習開始時の初心者の場合中学レベルの英文法も分からない事が多いです。
ですのでまともにセンテンスで話す事が難しいです。

正しい英文法に則ってセンテンスで英語を話せないので英単語を繋ぎ合わせてなんとか会話をするブロークンイングリッシュになりがちです。
もちろんオンライン英会話のティーチャーは日本人に英語を教えるのに慣れているので例えブロークンイングリッシュでも大体は理解してもらえます。

しかしこれが大きな落とし穴です。
ブロークンイングリッシュでも言いたい事が伝わってしまうので「自分の英語はちゃんと伝わっている!」と勘違いしてその後もブロークンイングリッシュでの英会話を続けてしまいます。
ブロークンイングリッシュではオンライン英会話のティーチャーと話す分には良いですが普通の人やビジネスの場面ではまったく伝わりません。

4.日本人英語発音のまま話し続けてしまう

初心者の場合日本の英語教育で教わった「日本人英語」がガッツリ染みついています。
オンライン英会話のティーチャーはこの「日本人英語」を理解してくれます。
日本人英語でも意外と通じるものだからついついそのまま続けてしまいがちです。
しかしひとたび普通の人に英語で話してもまったく伝わりません。

というのも、本来の英語の音と日本人英語の音では全く違うからです。
まずは本来の英語の発音をしっかりと理解する必要があります。

5.初心者のうちに悪い癖を身に付けると後で矯正するのが大変

ブロークンイングリッシュや日本人英語などの悪い癖をそのままずっと続けていると後で矯正するのはすごく大変です。
悪い癖や正しくない英語を話している時期が長ければ長いほど後々苦労することになります。

ですので、オンライン英語学習コーチングでは出来るだけ英語学習初期のうちに正しく英語を話す方法を身につける事を強く推奨しています。

オンライン英会話を始める前すべき3つの事

1.中学英文法の習得(中学英語の復習)

まずは中学英文法をしっかりと身につける必要があります。
中学英文法すら分かっていない状態だとまともに英語をセンテンス(文章)で話すことが出来ません。
この中学英文法が今後の英語学習、英語力向上の土台となるので非常に重要です。

中学英文法を習得するために私が強く推奨しているのは「中学英語を一つ一つわかりやすく」です。
多くの初心者向けの参考書がありますがこの参考書が最も分かりやすく中学英文法を教えてくれています。

この本を2,3周こなすだけで最低限必要な英文法の知識は習得出来ます。

2.基礎的な中学レベルの英単語習得

英単語を知らないことには話すことも聞くことも出来ません。
そして英語学習初期の超初心者の状態だと知っている英単語の量が少なすぎる状態です。

ですので最低限必要な基礎英単語(中学で習うレベル)が必要です。
オンライン英語学習コーチングで推奨しているのは「速読速聴英単語シリーズ」です。

この本のコンセプトは「文脈の中で英単語を習得する」という事です。
英単語を覚えるときは英単語と日本語の意味だけ覚えるのでは無く、文章の中で文章まるごと英単語を覚えるようにするとすぐに使える形で頭の中にストックされていきます。

例えば “be supposed to”「~することになっている」という英単語を覚える時に日本語の意味だけで覚えるのはあまり効果的ではありません。
それよりも、“I am supposed to visit my friend’s house today.”というように文章まるごと覚える方が効果的です。

この速読速聴シリーズでは文脈の中で英単語を効果的に習得する事が出来るのでとても便利です。

3.正しい英語の音の理解

普通の日本人が日本で英語教育を受けるとほぼ間違った日本人英語の発音を教わります。
そしてその日本人英語は本来の英語の音とは全くかけ離れたものです。
ですので正しく英語を話すには本来の英語の音を理解し、自分の英語の発音を矯正していく必要があります。

オンライン英語学習コーチングで推奨しているのは「フォニックス発音トレーニング」です。

この参考書ではアルファベット一つ一つの正しい発音の方法を図解で日本人に分かりやすく解説してくれています。
また座学で学ぶだけでは無く付属のCDを使って実際に自分で発音の練習が出来るようになっています。

この参考書で正しい英語の音を知った後は今までの自分の英語の間違った発音に驚愕すると思います。
「自分の英語が通じなかったのはある意味当然だったな・・・」と。
私の場合はそうでした・・・^^:

以上がオンライン英会話を始める前にすべき事です。
もしもあなたが超初心者の状態でオンライン英会話を始めようと思っているのなら、ぜひこの3つの事を先に行うことを強くお勧めします!

オンライン英語学習代表
福田圭亮

The following two tabs change content below.
Keisuke Fukuda
1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Keisuke Fukuda

1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。