TOEICの為の勉強はすべきかどうか?

こんにちは。
オンライン英語コーチング代表の福田です。

今回は

TOEICの為の勉強はすべきかどうか?

についてお伝えします。

多くの方からよく聞かれるのが「TOEICの勉強ってしたほうが良いですか?」という質問です。
TOEICは数ある英語の試験でも圧倒的な知名度があります。
(日本・韓国などの限られた国の中だけですが)

また多くの転職・求人サイトでも「TOEIC700点以上必須」などTOEICを転職の際の要件にしている会社も多いです。
更にここ最近の社内英語化でTOEICで一定のレベルを求める会社も増えてきています。

TOEICの為の勉強は必要か?

結論から言うと人によります。
自分が就職したい会社がTOEIC700点を足切りにしていてTOEIC700点無いと書類面接が通らない・・・という場合は必要でしょう。
逆にTOEICは特に求められていないけど英語でのコミュニュケーションが上手く取れるかどうかが重要という場合はTOEICの勉強は必要ありません。

そもそもTOEICとはどういうものかと言うとリーディングとリスニングテストを通して、ビジネスで頻出の英単語や言い回し、または英文法の正確さ、更に英語の処理スピードを測るテストです。
ですので日常英会話がしたくて特にビジネス英会話は必要無いという場合はTOEICは全く関係無いように思えます。

しかし僕はTOEICは日常英会話・ビジネス英会話問わず重要だと思います。

TOEICのスコアで見えてくるもの

よく「TOEICのスコアは800点以上あるのにスピーキングになると全然話せない・・・」という話を聞きます。
実際にこういう人は多く、座学でひたすら受験勉強の延長線で英語を学習してきた人はこうなりがちです。

「TOEICで高得点を取っても話せないんじゃあTOEICって意味ないよね?」って思うかもしれませんがそうではありません。
逆にある程度話せるけどTOEICのテストを受けると600点くらいしか無いという人もけっこういたりします。

こういう人は英単語や英文法はよく知らないけど、とにかく体当たり的にブロークンイングリッシュでコミュニュケーションを取っている人たちです。
TOEIC700点以下の場合はまだまだ英文法の理解や英単語量が圧倒的に不足している状態です

この場合本人はブロークンイングリッシュでも伝わっているので良いのでしょうが、話しているのを聞いたり書かれているEメールを読むほうが大変です。
日系の会社で日本語がある程度話せて日本人英語も理解している外国人社員を雇っている場合にこういう事がよく起こります。

まずはTOEIC700点を目安にしよう

ビジネス英会話・日常英会話問わず英文法や英単語量は重要です。
もしTOEICで700点以下の場合はまだまだ英文法の理解や英単語量が圧倒的に不足しています。

本番のTOEICで無くても市販のTOEIC公式問題集でも良いので一度TOEICに挑戦してみると良いと思います。
まずはTOEIC700点を目安に英語学習を進めていきましょう。

TOEIC700点を超えたら自分の好きなジャンルで勉強しよう

逆にTOEIC700点を超えるとTOEICはそこまで重要ではありません。
TOEICで700点以上取れるという事は英語の基礎力が十分に身についた状態です。

ここからはネイティブ向けのニュースを読んでみたり、英語版のアニメマンガを見てみたり、英語の小説を読んでみたり好きなスタイルで勉強していくことをお勧めします。
そしてここからが英語学習が楽しくなっていきます。
何故なら「英語を学ぶ段階」から「英語を使って何かを楽しむ」段階に入ったからです。

そうなったらしめたもので英語学習を自然と継続していけるようになります。
そこまでかなりの時間がかかりますが焦らずじっくりと英語学習を進めていきたいですね!

オンライン英語コーチング 代表
福田圭亮

こちらの記事もよく読まれています

どうすればリスニング力が伸びるのか?

2019.01.19

初心者はオンライン英会話を行うべきでは無い5つの理由

2019.01.16

私の英語学習ストーリー 【英語力ゼロレベルからTOEIC950点相当までの道のり】

2019.01.08

スピーキングを伸ばすカギはライティング

2018.06.16
The following two tabs change content below.
Keisuke Fukuda
1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Keisuke Fukuda

1980年生まれの38歳。 2013年10月に33歳の時にほぼゼロレベル(TOEIC200点台)という状態から英語学習を開始。 1日5時間の英語学習を継続。 また、フィリピン語学留学5回、エストニアでの英語でのプログラミング学習を行う。その後マレーシアでの海外就職(ジョンソンコントロールズ日立 人事総務課長)で外国人のマネージメントを経験。それらを経て英語力の国際指標CEFRでC1レベル(TOEIC945点相当)の英語力を身に付ける。 その後これまでの英語習得の経験を活かし、フィリピンセブにある語学学校MBAにて専属英語学習トレーナーとして150名以上の社会人の英語学習をコーチング。 現在は「オンライン英語学習コーチング」を立ち上げ英語学習指導、英語学習ノウハウの配信を行っている。