スピーキングを伸ばすカギはライティング

こんにちは!

オンライン英語学習コーチの福田です。

 

今回は

スピーキング力を高めるにはライティングがとても重要

というトピックについてお伝えしていきます。

 

日本人はスピーキングがとにかく弱いと言われています。

TOEIC900点以上ある英語上級者でもまともに英語を話す事が出来ない人がかなりの割合でいます。

TOEICはリーディングとリスニングだけしかテストをされないので、スピーキングとライティングは評価外です。

その為多くの英語学習者はリーディングとリスニングを重視し、ライティングとスピーキングの練習をほとんど行わない事が多いです。

その結果TOEICで高得点を取ったにも関わらずビジネスの最前線でまともに英語を話せずに英語を使う業務を避けるようになってしまう人がたくさんいます。

 

何故多くの日本人は英語を話す事が出来ないのか?

 

そもそも何故多くの日本人は中学高校6年間で英語を学んでいるにも関わらずほとんど話せないのでしょうか?

まずはその原因から探っていきたいと思います。

 

中学・高校で英語学習を行いますが英単語テストや穴埋め問題、英文法テストばかりに偏っていて英会話、発音、ライティングは皆無といって良いほど注力されていません。このいびつなバランスが何故日本人が英語を話す事が出来ない大きな原因です。

上記の図で説明したように多くの日本人は英単語や英文法は中学・高校または大学入試の際にしっかりと学ぶので比較的強い傾向にあります。しかし、スピーキングを行う時に重要な「文章化力=頭に浮かんだ内容を素早く英語の文章にする力」が致命的に弱いです。何故なら英語を文章化する練習、つまりライティングをまったく行っていないからです。

いくら英単語を知っていても文章化スキルが低いとまともに話せません。この例では”I want to eat the apple on the table.”と中学1年生レベルの英単語ですが、いざ「テーブルの上にあるリンゴを食べたい」と英語で言おうと思うとまともに英語が出て来ずにただ”Apple” “Table” “Eat”くらいしか言えない日本人がほとんどです。

 

このように日本での英語教育では英単語・英文法・穴埋め問題ばかりに注力して英会話やライティングをほとんど無視してきたので6年間英語学習をしたにも関わらずまともに英語を話す事が出来ない人で溢れかえっています。

 

スピーキング力を伸ばすにはライティングをすることが一番効果的

 

ではどうすればスピーキング力が向上するのでしょうか?

スピーキング力を伸ばすカギはずばり「ライティング」です。

何故ライティングかと言うと、書けない事は話せないからです。

 

瞬間的にたくさん英文を書ける人は例外なく書ける量に比例してたくさん話す事が出来ます。

逆に瞬間的に英文をまったく書けない人は例外なく話す事は出来ません。

まずはこれくらいの短い英文を書く事から始めると良いです。いきなり複雑な事は書けないので単純な1文でも良いのでまずは多くの英文を書くことが大切です。

英文を書くときは考えながら文章を作る時間があります。

話す事に比べると時間的な余裕がある訳です。

その時間があるにも関わらず英文を1、2センテンスくらいしか書けないと、1センテンスを話すのがやっとです。

もしも瞬間的に10センテンスくらい英文を書ける人は、瞬間的に3センテンスくらいは話す事が出来ます。

書ける量の3分の1くらいの量を瞬間的に話す事が出来ます。

つまり、たくさん書けるようになるとたくさん話せるようになるという事です。

最初は簡単な1,2行の英文しか書けませんが3か月間くらい続けるとだんだんと複雑な英文を書けるようになっていきます。

 

基本的に書ける事の3分の1くらいしか話す事は出来ません。もしまともに英文を1行も書けない人はまったく話せません。逆にスラスラ10行くらいの英文を書ける人は3,4行くらいの英語をスラスラと話せるという事です。

 

 

ライティングを行うとスピーキング力が上がるだけではなく表現が豊かになる

 

ライティングはスピーキングと違い考える余裕があります。

逆にスピーキングは瞬間的に行うので考える時間はほとんどありません。

ですので、スピーキングでは常に同じ表現や英単語を繰り返し使ったりしがちなのでいつまでたっても表現の幅や語彙が広がったりしにくいです。

また文法的に間違っていたりしても気が付きにくいです。

 

一方ライティングは書くときに考える時間がたっぷりあるので、文法的に正しいかどうかチェックしながら書くことが出来ますし、英文を書いている途中で何回も同じ英単語や表現を使っている事にも気づきやすいです。

同じ英単語を何回も使っているようであれば類義語は他に何かあるかな?とネットで調べると語彙力が広がっていきます。

その繰り返しの中で、文法的に正しく、バリエーションのある英単語、表現を使った英文をスラスラ書けるようになっていきます。

 

ライティングでしっかりとした英文を書けるようになると、スピーキングにもダイレクトに反映されます。ライティング力がしっかりと身に付くとスピーキング力も大きく伸びていきます。

ライティングはスピーキング力だけでなく、英語力を構成する様々な部分と密接に繋がっています。ライティングを繰り返し行うと英語の文章構成や構文について感覚的に身に付いていきます。

その結果、リーディングやリスニングでも英語の単語や音がダイレクトに「感覚的に理解出来る状態」になって頭に入ってきます。

更に、リーディングスピードが格段に速くなりますし、更にリスニングでもより正確に意味をとらえる事が出来るようになっていきます。

 

このようにライティング=英文を書く事は非常に大きな効果を発揮します。

 

英語をまったく話せない、TOEICで800点以上あるにも関わらずほとんどまともに英語を話せないと悩んでいるのなら是非「ライティング」に注力してみて下さい!

 

オンライン英語学習コーチ

福田圭亮